現在表示しているページ
鸿运国际 > 大学案内 > 広報 > がんの多剤排出の原因となっているABCトランスポーターの立体構造をSACLAのX線自由電子レーザーを用いて決定
ここから本文です

 

がんの多剤排出の原因となっているABCトランスポーターの立体構造をSACLAのX線自由電子レーザーを用いて決定

発表日

鸿运国际3年12月23日(木)

発表内容

 潘東青 京都大学大学院薬学研究科助教、中津亨 和歌山県立医科大学薬学部教授、加藤博章 京都大学大学院薬学研究科教授、中根崇智 大阪大学蛋白質研究所特任講師、岩田想 理化学研究所グループディレクター、南後恵理子 理化学研究所チームリーダー、登野健介 高輝度光科学研究センターグループリーダーによる合同研究チームは、SACLAの非常に強力なX線自由電子レーザー(XFEL)を用いたシリアルフェムト秒構造解析(SFX)により、様々ながんにおける多剤耐性の原因であり、医学研究において重要なABCトランスポーターの立体構造を2.22?の高分解能で決定することに成功しました。

発表資料データダウンロード